愛知県半田市にある港町「亀崎」

江戸から明治にかけて、漁業や海運の町として栄えた亀崎のまち。衣浦の海と小高い山に囲まれたこの地には、古い町並みや、井戸、せこみちと呼ばれる細い路地が今でも残っています。また、5月に行われる礼祭「亀崎潮干祭」は、2016年11月に「山・鉾・屋台行事」としてユネスコ無形文化遺産に登録されました。この伝統ある祭文化を軸にした多様な世代による住民同士のあたたかいコミュニティが亀崎のまちには今も色濃く存在しています。このようにハード的な側面だけでなく、ソフト的な側面からもたくさんの魅力に溢れたこの亀崎のまちですが、住人の高齢化が進み、残念なことに空き家の増加が加速している現状です。亀崎空き家再生プロジェクトでは、まちの魅力を内外に発信し続け、これらの空き家の新たな活用方法を模索し、亀崎らしいまちづくりを展開していきたいと考えています。
Featured Image

Featured Image
Featured Image

 

Avatar
 

お知らせ